わきがの症状と特徴について

MENU

遺伝要素の大きなワキガ

ワキガはワキから出る体臭の一種で、他の部位に比べると臭いが特に強いという特徴がありますが、それと同時に他の体臭だと加齢に伴って臭いが強まる場合や生活習慣などが起因することが多いのに対してワキガについては早くて小学生頃から顕著な臭いとして出る場合があります。
この臭いは遺伝的要素も大きいという特徴がありますが、遺伝的要素というのは例えば親の顔に子供が似るということや親の体格に子供が似るといった要素のことで、この特徴そのものが遺伝と呼ばれ先祖の遺伝情報に基づいて人間は形成されています。
そのため、ワキガクリームを使用して臭いの対策を考えている場合に臭いの状態がそこまで強くない場合は十分に臭いを低減することができますが、ワキガクリームに遺伝子を操作する効果は当然ながら無いため、完全に臭いを取り除くのは難しいのが実際のところです。
また、毎日臭いが強まるということではない場合や季節の移り変わり時などに臭いが強くなると言う軽度な症状な場合はワキガクリームを使用するのではなく制汗スプレーを上手に使用することによって乗り切れる場合もあります。
遺伝的要素ということで加齢臭のように運動をして食生活の改善をしたからと言って臭いが大幅に低減できるというわけではありませんが、少なくともアポクリン線から分泌されている汗については含まれている成分に食事の栄養分が関係していることを考えると日頃の生活が全く無関係とは言えない部分もあります。

臭いのレベル

ワキガの症状を少しでも改善したい場合にワキガクリームの使用を検討している場合は、臭いのレベルに応じた商品を選んで使用する必要があります。
このクリームの中にはさまざまな成分が含まれており、商品によっては制汗スプレーよりも効果が高いとユーザーの口コミなどからじわじわとワキガクリームの人気は高まりを見せるようになっています。
ちなみにワキガといっても臭いレベルは人によってさまざまで、軽度な場合は他人が不快な思いをするほど強い臭いが症状として現れてないのが普通ですが、汗をかいてくると周囲の人が気付くくらいです。
中度になってくるとすれ違うと明らかに臭いが分かるくらいになり、衣類などは黄色に変色するようになりますが、汗があまり出ない時期においても臭いが出やすくなっています。
中度な場合もワキガクリームや制汗スプレーを使用することによって臭いについてある程度は症状を軽減させることができるようになっているものの、汗がたくさん排出される時期になってくると制汗スプレーだけではどうにもならなくなってきます。
そして重度なワキガの症状になると周囲の人が鼻をつまみたくなるくらい強烈な臭いが出るようになり、人によっては日常生活に支障が出るようになり職種によっては体臭でクレームが入ることもあります。
この場合は医療機関で受診を受けて治療を進めていかないと症状が完全に治らない場合が多く、保険の適用範囲になる場合もあるので病院に行くことをおすすめします。

ストレスによる臭い強化

現代社会はストレス社会だと表現されることも多くありますが、日々の生活においてストレスが溜まってしまう状況はたくさんあり、それがきっかけとなって様々な病気の起因になってしまう場合があります。
ストレスと関わり合うことが無い日々の生活を送りたいものですが、同じ事象に対しても思考を変えるだけで気持ちの面での負担は少なくなることや大きくなることがあるので、まずは気持ちを変えていくことを意識することが大切です。
ワキガクリームを使用している人やこれから使用を検討している場合に、ワキガによる臭いを強めている原因にストレスが関連していることがありますが、ストレスが直接的な起因になるというよりはストレスによってホルモンバランスが崩れることが理由になります。
しかし、ワキガクリームが必要なほど臭いが気になる場合は遺伝的な要素が大きいことも想定されるため、ストレス対策をしても臭いの症状が100%軽減されるということではない点に注意が必要です。
また、ワキガクリームや制汗スプレーというのは臭いが出ている部分に対して直接的に塗布や噴射することで臭いを直接的に消すというのが効用で、内部から体質を改善することで臭いの症状を低減させるのがサプリという分類になります。
そのため、同時に使用することによって効率的に効果を得ることができるのですが、ストレスが溜まっている場合はサプリが持つ効果を打ち消してしまい臭い軽減の効果が出ない場合もあります。

多汗症との関連性

ワキガクリームを必要としている人の中で見ても、臭いレベルの程度がかなり強い人もいれば反対に臭いの症状はそこまで強くないという人もいますが、臭いに個人差があるように汗の分泌に対しても明瞭な個人差が出る場合もあります。
いわゆる汗っかきと呼ばれる人は多汗症と呼ばれる症状である可能性が高くなっていますが、額からたくさん汗が出る人もいれば手や足から汗がたくさん出るなど同じ多汗症であっても汗が出るポイントは異なっています。
その際に腋からたくさん汗が出る場合はワキガの症状を助長してしまう原因になる場合がありますが、汗の分泌量が増えると、それに応じて汗に含まれる臭いの原因を強めてしまう物質も汗にたくさん含まれるようになります。
そのため、他人より汗を出しやすいと感じる場合については対策がより必要になってくるわけですが、症状が一定レベルを超えてくるとワキガクリームや制汗剤の使用だけではどうにもならなくなります。
そうなった場合は治療という方法が最も効果的な方法になりますが、医療機関で治療を受けることによってアポクリン線を除去してもらうことによって臭いの根本原因を取り除くことができます。
医療機関での治療は費用が高額になってしまうというデメリットがありますが、長期的にワキガクリームや制汗スプレーの使用が必要になることを考えると、最初から医療機関で診察を受けて適切な治療を受ける方がトータルで支払う費用は少ない場合もあります。

 

ワキガの治し方